ブログアフィリエイトが圏外に飛ばされる理由!グーグルペナルティの対処法!

ブログアフィリエイトのコツ

ブログアフィリエイトが圏外に飛ばされる理由って何だろう?

どうもネモトです。

僕もブログ初心者の頃、圏外に飛ばされたことがあり、
それまで1万アクセスぐらいあったのに
一気にブログのアクセス数が100pv以下になって
「なぜだぁ~」と悲鳴を上げたのを覚えています。

当時、ブログの師匠などに相談したら
どうやらグーグルペナルティを受けている可能性が高いとの事でした。

え!じゃあ。私もグーグルペナルティを受けて圏外にブログが飛ばされたのかな?

と言うわけで、

ブログが圏外に飛ばされる理由やグーグルペナルティの危険性について
僕の体験談を交えて対処法なども解説していきますので
アクセスが少ないという方はぜひ参考になるか読んでみて判断してみてください。

ブログが圏外に飛ばされる理由

ブログが圏外に飛ばされる理由の前に、
まずブログアフィリエイトの主なアクセス数は芸能人でもない限り一般人の場合
基本的にグーグルの検索エンジンからのユーザーをターゲットとしているはずです。

確かにグーグルの検索エンジンからユーザーがアクセスしてきています。
ネットで「ブログでアフィリエイトをすると圏外に飛ばされる」など聞いたのですが、本当ですか?

「ブログでアフィリエイトをしているからブログが圏外に飛ばされる」という意見の人もいますがこれは間違いです。

グーグルはアフィリエイトをすることを禁止など知りませんし
むしろグーグルのビジネスの収入源は広告ですので、アフィリエイト禁止している事はありません。

それでは何が問題なんですか?

 
グーグルペナルティと言っても非公開のものもあり、
公開されているものでも色々あるので、

まずは多くのブログ初心者がよく失敗して圏外に飛ばされる2つの事に
注意すると良いとされています。

ちなみに僕もブログ初心者の頃は無意識にペナルティを受けて
圏外に飛ばされちゃいました。苦笑

あらら、ネモトさんも飛ばされちゃったんですね…。
そのブログ初心者が失敗して圏外に飛ばされる2つの事って何ですか?

 ブログ初心者が圏外に飛ばされやすいグーグルペナルティ厳選2選とは、

「記事の内容が低品質」と「オリジナリティがない」と言う2点です。

グーグル検索セントラルでは、下記の様に書かれています。

他のサイトが提供していない、新しい便利なサービスを創造することを検討しましょう。オリジナルの調査情報を記載する、面白いニュース記事を公開する、固有のユーザー基盤を活用するといった方法もあります。(引用)

「記事の内容が低品質」と「オリジナリティがない」

ブログの記事の内容が低品質❕

ブログの記事の内容が低品質であることによって、グーグルからユーザーが検索エンジンで検索した時に上位に表示するまでもないと判断されブログが圏外へ飛ばされます。

具体的にどのようなブログ記事の内容が低品質何ですか?

僕が独学でブログを始めた初心者の頃は、恥ずかしながらヤフーニュースサイトと同じような記事を書いていました。

もちろんオリジナリティも交えていたのですが、今思うと記事の内容が一次情報と大差がない様な記事を書いていたので仕方ないです。

なので、自分の意見や職業などの経験を生かして自分なりの記事を書くことが重要です。

ブログにオリジナリティがない❕

グーグルはオリジナリティーを重視していますので
他のサイトと似た様な記事を書いていては、グーグルからの評価は低くなってしまいます。

具体的にどのようなブログがオリジナリティがないと判断されるのですか?

僕の実体験としては、先ほども話したようにブログのアクセス数を増やすため
低品質な記事を量産してしまいグーグルからペナルティを受け圏外に飛ばされてしまいました。

もちろん当時の僕は低品質の記事を量産している自覚はなく、
オリジナリティを求めてサムネイルも独自の物を使ったり工夫をしていたのですが、

ブログ初心者だった頃の僕は独学でブログをはじめていたので
ネットで落ちている情報などを頼りに手探りでブログを運営していました。

今思うと、メルマガを読まなかったり、ビジネスを何も学ばずに始めていたので
圏外にブログが飛ばされても仕方ないなと感じます。

どのようにして改善していったのですか?

僕はビジネス初心者だったので、ネットで本気で稼ごうと決意してから
ブログコンサルなどを受け自分の記事の書き方やブログの運営方法など学び

一つずつ改善していった結果ブログだけで月収10万円を達成することができました。

なるほど❕参考になりました。

まとめ

今回のまとめ!

 ブログ初心者が圏外に飛ばされやすいグーグルペナルティ厳選2選とは、

「記事の内容が低品質」と「オリジナリティがない」という事でした。

ブログでは言えないさらに深い具体的なメルマガはこちら!