上司が嫌いすぎる時の異動させる方法や対処法!職場の付き合い方の基礎

仕事

上司が嫌いすぎる時に異動させる方法や対処法について紹介していきます。

職場の付き合い方の基礎も学んでいきましょう!

 

上司が嫌いすぎる時の異動させる方法や対処法!

    上司が嫌いすぎるときの異動させる方法と対処法

  • 上司の上司などに相談や異動願い伝える
  • 上司が嫌いなので退職する
  • 上司に嫌いなところを伝える

まずは上司の嫌いなところを具体的にノートに書き出してみましょう。 ノートに上司の嫌いなところを書くことによって自分の感情を整理することができます。

 

それでは一つ一つ見ていってみましょう!

上司に嫌いなところを伝える

上司の嫌いすぎる点を直接上司に伝えてみましょう。

お互いに嫌いすぎる言動もあると思いますので、まずは話し合う場を設けて思っていることを冷静に伝えましょう。

また上司の嫌いすぎる点をメモ書いたものを読んで伝えるのも良いでしょう。

僕の場合は、嫌いすぎる上司がいた職場で

上司が嫌いすぎるので会社自体長く続かないと感じましたので、
辞めたら二度と会う事もないなら

ストレスを溜めない様に全部言うようにしたところ
自分の未熟な部分や上司のダメな点がお互いわかり

多少は仕事がやりやすくなりました。

上司の上司などに相談してみる

上司の上の上司に嫌いすぎる上司のことを相談してみたり異動願いをして見る

もし嫌いすぎる上司を異動させたいのなら、この方法しかないでしょう。

さらに言えば会社の戦力では無い様な部下が嫌いすぎる上司の上の上司に相談しても部下を切った方が効率が良いのです。

そのため相談をする際は、嫌いすぎる上司の異動願いを会社に相談しても上司を異動させる会社のメリットを伝える必要があります。

言ってしまえば会社と言うのは、社員が作業をしてくれさえすれば誰でも良いのです。

つまり、上司よりあなたが優れてると会社が判断すれば嫌いすぎる上司よりあなたの意見が尊重されます。

部下がいくら正論を言っても会社は正論を議論する場ではなく、
会社の利益を議論する場なので嫌なら残念ながら辞めるしかないのです。

上司が嫌いなので退職する

上司が嫌い過ぎる場合は退職するのが一番手っ取り早く問題が解決します。

基本的に日本は年功序列の社会なので、
新人教育などの勉強もしたことない人は誰だ長く勤めているというだけで新人教育を任されてしまいます。

つまり多くの場合上司に不満を持った時点で会社に依存せず自分で稼ぐ力を身につけたほうが賢明なのです。

おそらく検索エンジンからこの記事を読んでいる人は上司に直接嫌いであることが言えずに異動願を出そうか

または上司が異動願いを出してくれないかなと願っていたりすると思います。

僕も同じような経験をしたことがあり
上司の上司に相談しても

『お前が望む会社なんてどこにもないか
一流企業だけだ』と言われました。

何十社も転職しても結局自分の望みがない会社などはなく、
僕の場合は自分で自営業を始めたりブログで稼ぐようになりました。

上司が嫌いすぎる!職場の付き合い方の基礎

上司が嫌いすぎると言う人は職場の付き合い方の基礎を覚えておくと良いでしょう。

職場の付き合い方としては、2つの注意するポイントがあります。

上司が嫌いすぎる場合の付き合い方の基礎のポイント

  • 相手を変えるより自分を変える
  • いじめや暴力、嫌がらせはしない

それでは一つ一つ見ていってみましょう!

相手を変えるより自分を変える

日本の会社の仕組み上、無能な上司でも早く入社した人が偉いと言う会社が多いですので、

相手や会社を変えるよりも自分の言動を変えるのが問題解決は一番早いです。

 

 

いじめや暴力、嫌がらせはしない

嫌いすぎる上司でもいじめなどをしてしまうと刑事事件になるリスクが出てくるので
辞めましょう。

嫌いすぎる上司に復讐する時間が一番勿体ないですし、さらに刑事事件などになった場合、嫌いすぎる上司に復讐しようとして人生が終わる様なものです。

まとめ

それではまとめていきます。

    上司が嫌いすぎるときの異動させる方法と対処法

  • 上司の上司などに相談や異動願い伝える
  • 上司が嫌いなので退職する
  • 上司に嫌いなところを伝える

異動させる方法としては、嫌いすぎる上司のその上の上司に事情を伝えるしかないですね。

上司が嫌いすぎる場合の付き合い方の基礎のポイント

  • 相手を変えるより自分を変える
  • いじめや暴力、嫌がらせはしない

会社は正論が通らない方が多いです。

なぜなら経営者が人ですから正しくない行動を取ることの方が多いのも人間らしいと言えばらしい。

僕は本当に合理性に欠ける職場しかないと気付いたので自分で稼ぐ力を20代のうちに身に着けました。

そのお陰で嫌いすぎる上司などと関わることなく、無駄な人間関係のストレスから解放されるようになりましたので、

会社に勤めて何十年も生きていくのが無理そうと思う方は、自分で稼ぐ力を身に着けると良いと思います。