スティーブジョブズの名言!仕事の時間ない時の時間術オススメ対処法!

マインド

スティーブジョブズは数多く名言を残していますが、
実際、仕事の時間ない時のオススメ対処法を
今回はご紹介いたします!

スティーブジョブズの名言!

スティーブジョブズの名言から学んで
仕事に活かして時間ない時の対処法を学んでいきましょう!

まずはどの様な名言があるのか見てみましょう!

    スティーブジョブズの時間術の名言

  • 仕事はすぐ取り掛かれ!
  • 感情的になるな!
  • 推測ではなく情報で判断!
  • 助けを求めよう
  • 「機能過多」に注意!
  • 得意分野に集中!他は人に任せろ!

仕事に活かして時間を作るために一つ一つ見ていってみましょう

仕事はすぐ取り掛かれ!スティーブジョブズ名言から時間を生み出す!

「仕事はすぐ取り掛かれ」というスティーブジョブズの名言があります。

時間は有限です。

生きていられる時間には限りがありますが、
多くの人は時間を無駄遣いしています。

仕事でもダラダラしていては生産的ではありませんので、
一生かかっても目標に届かないという結果になってしまいます。

仕事で同じ作業量でも1時間かけて作業を終わらすのか?8時間かけて作業を終わらすのか?によって
コストや利益が変わってきます。

優秀な人は8時間もかけずに作業を終わらせてしまいますので、
優秀な人の無駄遣いになります。

優秀な人とそうでない人でジョブズは分けていました。

感情的になるな!スティーブジョブズ名言から時間を生み出す!

「感情的になるな!」と言うスティーブジョブズの名言があります。

感情的になることで正しい判断が出来なくなってしまいます。

正しい判断が出来ないということは仕事の時間を無駄遣いするどころか
経営の危機を招いてしまいます。

スティーブジョブズは、世間的に怒っていたりわがままなイメージがある一方
ジョブズを知っている人からは、計算された怒りもあったと言います。

ジョブズは人の心理を利用して
やる気を出させるのが上手かったと言う人もいます。

計算されていない怒りはただの頭の悪い行動でしかないので、
Aクラスの優秀な人材は付いていきません。

投資の世界でも感情的になる人は必ず負けます。

感情的になるのは仕事上、危険な行為ということです。

感情的になると考えが単調になります。

例えば商品を売りたい場合、
多くの人は他社よりも安くすれば売れると感情的に考えますが、
安さの競争は誰も得しない状況になりやすいです。

当時デルなどの安売りメーカーとの闘いをしていた
どん底のアップルを復活させたスティーブ・ジョブズは、
安売り競争を辞めさせて、macのブランドをより輝かせて
付加価値を付けて成功しました。

多くの会社が安売り競争をすることで利益が低くなってしまいます。

安くて質の悪いものを使うより高くても質の良いものを使いたいと言うお客は一定数います。

安くパソコンを購入したいとお客ではなく
ターゲット層を質の良いものを使いたいという人達に絞ることでブランドの価値も上がりました。

僕自身も自営業をやっていますが、同業者が安く売っているなら高く売るためにあわせ売りなど工夫をしたり、

お客の行動などの手間を減らしたり付加価値を付けたりする事で、利益が増えました。

推測ではなく情報で判断!スティーブジョブズ名言から時間を生み出す!


「推測ではなく情報で判断!」と言うスティーブジョブズの名言があります。

憶測は主観ですので事実である情報、データで判断することが大事になります。

憶測の議論する時間があるなら情報で判断した方が時間の節約が出来ます。

よく人は憶測で人を評価したりしたりしますが、
情報やデータに基づいたもので判断することが成功率を高めてくれます。

ビジネスはギャンブル的な考えでは成り立ちません。

ラーメン屋、カフェなど飲食店を経営したい!と言う人が主観や憶測ばかりで
お店を潰すと言うケースは多くあります。

なぜなら場所のコストや利益率、回転率、マーケティングなどを考えていなかったりします。

お客なら誰でもいいと言う経営は
お客の立場からしても安いならどのお店でもいい。
と言う「安いなら何でもいい層」が集まりやすくなってしまいます。

安いなら何でもいい層は安さのファンなので
お店のファンではありません。

助けを求めよう!スティーブジョブズ名言から時間を生み出す!

「助けを求めよう」と言うスティーブジョブズの名言があります。

自分一人で出来ないときは人に助けを求めることも大事です。

時間を生み出すためには人の助けが必要不可欠になってきます。

助けてくれる人がいるのに何でも自分でやろうとすることは時間の無駄遣いです。

部分的に優秀な人は多くいますので、
自分で作業をするより助けを求めて相手を頼る方が合理的かつ効果的に時間を生み出すことが出来ます。

助けを求めることで迷惑に思われるかもしれないと思う人もいますが、
人は頼るより頼られる方が幸福度が高い傾向があります。

また助けた人に好感を持つ傾向がありますので、お得です!

もちろん強要はだめです。

得意分野に集中!他は人に任せろ!スティーブジョブズ名言から時間を生み出す!

「得意分野に集中!他は人に任せろ!」と言うスティーブジョブズの名言があります。

助けを求めたら自分の得意分野に集中する時間に使いましょう!

人に助けを求めなくても自分出来たとしても自分の得意分野の生産性が低下してしまいます。

自分の得意分野に集中するための時間を作るために人に助けを求めるのです。

例えば
お米を炊いて握るだけのおにぎりですが、
コンビニのおにぎりを何故買うのですか?

お米を炊いて握る時間が勿体なかったり自分で作るよりも美味しいから
おにぎりを買うという消費行動が発生します。

アップルという世界トップの企業であるにも関わらずジョブズは、
Aクラスの優秀な人達だけを集めて100人未満の少数精鋭でチームを組んでいました。

チームが大きくなるとスピードが遅くなることを理解していたのだと思います。

「機能過多」に注意!スティーブジョブズ名言から時間を生み出す!

「機能過多」に注意!と言うスティーブジョブズの名言があります。

選択肢が多すぎると悩んでしまい時間を使ってしまいます。

シーナ・アイエンガー氏とマーク・レッパー氏の「ジャムの法則」の
実験で6種類のジャムを並べた時と24種類のジャムを並べた時では
6種類のジャムを並べた時の方が購入する人が多かったという結果が出ています。

つまり人は多すぎる選択があると
悩むことに時間が使われ結局行動しなくなります。

iPhoneもできる限りシンプルな作りで直感的に誰でも使える様にして
必要に応じてアプリをダウンロードする様に出来ていますので、
多くの人に受け入れられた要因です。

飲食店で多くのメニューがあるとどれにしようか迷ってしまいますが、
数種類だけなら迷う必要がないですよね!

選択肢は多すぎても少なすぎても良くないので注意しましょう!

スティーブジョブズ名言を仕事に活用し時間を生み出そうまとめ

スティーブジョブズ名言を仕事に活かして時間を生み出そうのまとめをしていきます。

   

  • 自分でできることでも自分より優秀な人に仕事を任せて時間を作ろう
  • 自分が得意なことに時間を使おう
  • 仕事はダラダラせずすぐ行動しよう!
  • 機能過多は悩む時間の原因になる
  • 感情的になって無駄な時間を失わないようにしよう!
  • 推測ではなく情報で判断!して無駄な議論の時間をなくそう!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

是非参考にしてみてください。